浦島クッキング

写真:海苔の生春巻の完成イメージ

7月のレシピ 海苔の生春巻

熱い季節にはぴったりのさっぱりとした生春巻に海苔をプラスすることで、個性的な味わいに変化します。つけダレも市販のものでなく手作りで好みの味に仕上げればより一層おいしく召し上がれます。

材料(4人前)

ライスペーパー 12枚
海苔 適宜
春雨 乾燥40g
チャーシュー 200g
海老 24尾
もやし 適宜
大葉 適宜
ニラ 適宜
(A材料)  
大さじ2.5
砂糖 大さじ2
ごま油 大さじ2
ライム汁 大さじ1
ナンプラー 大さじ1
コチュジャン 大さじ1
にんにく 1かけ
唐辛子 1/2本
大さじ2

手順

1.
沸騰しているお湯に塩をひとつまみ入れ、海老を茹でます。茹で上がったらザルにあげ、殻と背わたを取り除きます。
2.
もやしにサッと熱湯をかけ、冷水に入れます。ザルにあげ、しっかりと水気を切っておきます。
3.
チャーシューは細切りにします。
4.
春雨は熱湯で戻し、ザルにあげて水気をしっかりと取り、食べやすい長さに切ります。
5.
ニラは15~20cmに長さを揃えて切ります。
6.
(A)のにんにくはすりおろし、唐辛子は種を取り除き、みじん切りにします。
7.
6と残りの(A)の材料を混ぜ合わせます。
8.
乾いた布の上にライスペーパーを置き、霧吹きで水をかけます。
9.
ライスペーパーがやわらかくなったら、手前の端に大葉、海苔、もやし、チャーシューをのせ、その上に春巻きをのせます。(あまり沢山のせると巻ききれないので注意)
10.
手前からひと巻きします。
11.
巻き終わる手前に海老を2尾のせます。(同じ方向に平行に並べると美しく見えます)
12.
両端を内側に折込ます。
13.
しっかり押さえながら海老を巻き込み崩れないように巻いていきます。
14.
巻きあがったら軽く形を整えます。
15.
最後にニラを差し込みます。
16.
皿に盛り付け、7のタレをつけながら食べます。
17.
焼きあがった6を真ん中で切り分け、飾りに、しその葉、すだちを添えて盛り付けます。

ワンポイント

生春巻は、上手に巻き上げることで見た目の美しさだけでなく、崩れにくく食べやすくなります。
美しく巻くポイントは具材の量です。あまり多く入れすぎると春巻の皮が巻ききれなくなるので注意です。また、具材をスカスカに入れてしまうと食べたときに崩れやすくなってしまうので、巻くときに具の間に余分な空気が入らないよう注意しましょう。

レシピにお勧めの商品

有明育ち

有明産の初摘み海苔だけを使用したこだわりの逸品。

商品ページはこちら

手巻のり

焼き海苔を手巻き寿司用にカットした海苔です。

商品ページはこちら

業務用商品のご案内

浦島通信

浦島海苔オンラインショップ

株式会社日本海水