海苔のおはなし

第4話 海苔と健康の関係

食べ物の好き嫌いを調べてみると、ほとんどの食べ物で「嫌い」と答える人が現れるものですが、海苔は「嫌い」と答える人が非常に少ない珍しい食品です。
おにぎりを海苔で包んで食べると美味しく感じます。これはご飯の主成分であるでんぷんを消化するために必要なビタミンBの仲間が海苔の中に全て含まれており、おにぎり1つ分のご飯が完全に消化できるからとも考えられます。

年をとるとこってりとした肉や脂っこい食べ物がだんだんと苦手になり、さっぱりとした食べ物が好まれるようになりますが、これでは特定の栄養やビタミン、ミネラルが不足しがちになる危険性が高くなります。

車はいくらガソリンを入れても、要所要所で潤滑油をささなければ動かなくなります。確かにご飯や魚を充分に食べることは大切ですが、これはガソリンばかりを入れ潤滑油なしで車を動かしているようなものなのです。たとえ走ったとしても順調な走りができるはずなどありません。
海苔は、ビタミンやミネラルの供給源として大変に有効な食べ物であり、それらの成分は体の中で潤滑油のような働きをしてくれます。その上、血圧を下げる効果をもつEPAが含まれていますし、食物繊維も豊富ですから便秘を防ぎいつまでも美しく若々しい肌が保つことができます。

海苔大好き!という体の要求に素直に聞いてください。健康のためにも毎日2~3枚の海苔を食べ続けましょう。無理をしないでビタミンやミネラルを補給し、不足することがないようにするためにも海苔を充分に活用していただきたいものです。

業務用商品のご案内

浦島通信

浦島海苔オンラインショップ

株式会社日本海水