海苔のおはなし

第9話 海苔と相性の良い食材

海苔がごはんにあうのは日本人なら、誰もが知っていることです。寿司、おにぎりはその代表といえるのではないでしょうか。和食の代表のような海苔もいまや、和食に留まらず、パスタやサラダなど様々な料理で使われ、色々な食材との相性が良いことに驚かせられます。

今や全国に広まった名古屋名物「天むす」ですが、なじみのない当初はその取り合わせに驚いたものの、いったん味わってみると意外なおいしさがあったことを思い出します。このように海苔と相性の良い食材の一つに油があります。

ごはんと海苔がうまみを引き立てあう他に、海苔とえびのてんぷらの組み合せにも、おいしさの秘密があります。天むすの他にも、海苔はシソと一緒に、あるいは単独でてんぷらにすることがあります。油と組み合わせることで海苔のおいしさがいっそう引き立つのです。

また、単においしいだけでなく、油とのコンビネーションによって栄養価がぐんと高まることも明らかになっています。特に、海苔に含まれるベータカロチンは油といっしょに摂ると、そうでないときよりも体内への吸収が10倍もアップすることがわかっています。
美味しいことで知られる天むすには、そういったワケがあったのです。

業務用商品のご案内

浦島通信

浦島海苔オンラインショップ

株式会社日本海水